よくあるご質問

介護保険全般について

A

練馬区外の方でも、要介護認定証があれば練馬のサービスを受けられます。ただし、地域密着型サービスは練馬区民に限られます。

A

再度、要介護認定の申請をする必要があります。お近くの高齢者相談センターなどでご相談をお受けしています。

このページの先頭へ

特別養護老人ホームについて

A

要介護3以上の方であれば、入所の申し込みをすることができます。
※要介護度1・2の方は特例基準に該当する方に限ります。詳細は最寄りの高齢者相談センターや、希望される施設にお問い合わせください。要介護3以上の方であれば、入所の申し込みをすることができます。

A

『特別養護老人ホーム入所申込書』(ダウンロードはこちらから)にご記入いただき、介護保険被保険者証の写しと合わせて、各施設に直接お申込みください。

A

特別養護老人ホームは、社会福祉法人または医療法人が運営を行っており、入所一時金などが無く、毎月の費用も介護保険制度に基づいて決められています。
有料老人ホームは、民間の株式会社などが運営しており、入所一時金が発生したり、サービスの形態や内容の違いにより、事業所ごとで異なります。
詳しくは、各施設にお問い合わせください。

A

練馬区では、介護度、認知症、介護者の状況、介護期間、居所の状況、緊急性の項目によるポイント制で優先度を決めています。待機の期間はお申込みの施設の状況によっても異なりますので、事業所にお問い合わせください。

A

見学は随時受け付けています。お気軽に事業所までお問い合わせください。
また、ショートステイをご利用いただくと、体験入所と同じように施設の生活を体験することができますので、ご検討ください。

A

ご利用料金に含まれています。

A

個室の場合は、施設によっても利用料金は異なります。所得に応じた減額制度もありますので、詳細は各施設にお問い合わせください。

A

ユニット型施設とそうでない施設で異なります。詳しくは、各施設にお問い合わせください。

A

面会は日中の時間帯であればいつでも可能です。外出や外泊もできますので、事業所各施設にご希望をお伝えください。

A

大歓迎です。事業所から行事のご案内がありますので、是非ご参加ください。

A

管理栄養士の管理のもと、状態に合わせて食事の内容と形態で提供させていただきます。施設内で調理したものをご提供しています。

A

介護度については要介護5でも継続して入所可能です。入所中に入院をしても、医療的な処置が終わっていれば、施設に戻ってくることが可能です。しかし3ヶ月間を超える入院の場合は退所をお願いしています。

A

入所は可能です。また、事業団では経口摂取に戻るためのリハビリも行っています。

A

常勤の看護師と嘱託医が、医療方針を立ててケアを行っています。夜間は介護士が看護師の指示の下、対応しています。

A

看取りについては、ご希望の方に実施しています。

このページの先頭へ

ショートステイについて

A

要介護認定で要支援1~2、要介護1~5と認定された方が利用できます。

A

在宅サービスの中でリハビリを実施していれば、内容を確認させていただいた上で、担当者が対応させていただきます。

A

日常生活でご使用されている衣類、お薬、口腔ケア関係などをご持参ください。ご利用前に、詳しい内容を担当職員からご説明させていただきます。

A

ご希望に応じて対応しております。しかし、土日祝日や年末年始など送迎職員が不在の場合はご家族送迎や介護タクシーのご活用をお願いさせていただくことがあります。

A

事業所により若干異なりますが、午前中入所、午後退所が原則となります。時間については相談のうえで決定させていただきます。

A

要介護度とご利用日数によります。例えば、多床室を要介護3の方が2泊3日ご利用された場合、1割負担の方で9,045円です(平成28年7月現在)。個室料などは、施設によっても異なります。所得に応じた減額制度もありますので、詳細は各事業所にお問合せください。

A

介護保険制度上では月30日間が連続利用期間の上限となっていますが、その他の介護保険サービスと合わせ、要介護度ごとの利用限度額や累計利用日数の制限(要介護認定期間の半数)がありますので担当のケアマネジャーにご相談ください。

A

お部屋が空いていれば、その日に入所する事も可能です。

A

担当のケアマネジャーを通じてのお申込みになります。2ヶ月前の11日が申込日となります(例えば3月の申込日は1月11日になります)。申込日以降は基本的にキャンセル待ちとなります。

このページの先頭へ

デイサービスについて

A

楽しみながらリハビリにつながるようなメニューを数多く用意しており、その中からご自分で選んでいただけます。

A

常勤の機能訓練指導員や看護師などが、その方に必要なリハビリについて個別の計画を立てて提供しています。また、事業団のすべてのデイサービスセンターでは、リハビリ体操を毎日実施しています。

A

厨房を完備し、季節感と栄養バランスの取れたお食事を提供しています。また、その方の状況に合わせた食事形態や療養食にも細やかに対応しています。

A

事業所により種類に違いがありますが、通常の浴槽のほかに、座った状態や横になった状態で入浴できる機械式浴槽の用意もございます。

A

練馬区内にあるお近くのデイサービスセンターで送迎いたします。ただし、乗車時間が長くなりすぎるとご負担となりますので、まずは最寄りのデイサービスセンターにお問い合わせください。

A

デイサービスセンターにより違いがありますが、概ね午前8時から午後5時30分となります。詳しくは各デイサービスセンターにお問い合わせください。

A

歯磨きやうがいなどの口腔ケアを介護士、看護師が行っています。更に、飲み込みを良くするための体操やリハビリも実施しています。

A

ケアプランに応じてご利用ができます。他の介護サービスと組み合わせてデイサービスをご利用される方も多くいらっしゃいます。

A

デイサービスセンターでのお泊りはできませんが、事業団では5か所の特別養護老人ホームでショートステイサービスを提供していますので、そちらをご利用していただけます。

このページの先頭へ

高齢者の住まい(ケアハウス)について

A

要介護でなくとも入居は可能ですが、詳しい申込資格要件は、事業所にお問い合わせください。

A

特別養護老人ホームは、歩行や排泄、身の回りの管理などについて、常に見守りや介護が必要な方が対象ですが、ケアハウスは、自立した日常生活を営むことに不安のある60歳以上の方が対象となります。

A

事業団で運営しているケアハウスは、大泉ケアハウスと橋戸の丘があります。
大泉ケアハウスについては、年1回の募集があります。毎年6月頃に練馬区報に掲載されますので、大泉ケアハウスに申し込みください。
橋戸の丘については、高齢者相談センター本所に申し込みください。入所判定会議を経て入居可能となった方に、事業所担当者からご連絡し、面接の後、契約、入居となります。

A

見学は、居室以外はいつでも可能です。なお、体験利用はできません。

A

居室内に置ける範囲となりますが、大泉ケアハウスと橋戸の丘では違いがあります。詳細は事業所にお問い合わせください。

A

面会は自由です。外泊は事前に届けをご提出いただければ結構です。詳細は事業所にお問い合わせください。

A

栄養バランスに配慮した献立をご用意しております。(利用料金に含まれます。)

A

施設により、異なります。
大泉ケアハウスでは、共同の浴室をご利用いただきます。
橋戸の丘については、各階の浴室を個別にご利用いただきます。

A

利用料は所得などにより異なります。また光熱水費の扱いも事業所により異なりますので、事業所にお問い合わせください。

A

常時介護が必要となった場合には、介護老人福祉施設などの施設への入所などに向けた援助をさせていただきます。また入院が3ヶ月以上にわたることが明らかになった場合は、契約終了となります。

このページの先頭へ

仲間・生きがいづくり(高齢者センター・敬老館)について

A

練馬区在住の60歳以上の方であれば、どなたでもご利用いただけます。

A

各敬老館に申請してください。後日登録証が敬老館に届きます。その登録証があれば、練馬区内のいずれの敬老館、高齢者センターでも利用できます。

A

午前9時から午後5時までとなります。

A

敬老館・高齢者センターのご利用については、基本的に費用はかかりません。なお、材料費などの実費をご負担いただく場合がありますので、各施設にお問い合わせください。

このページの先頭へ

ホームヘルプサービスについて

A

朝は7時から、夜間は午後10時まで対応しています。休日も対応していますので、まずはお問い合わせください。

A

有償サービスとして、承っております。費用や内容などについては、事業所にお問い合わせください。

A

申請受付は公的機関になります。障害の種類等によって窓口が異なりますので、まずは各事業所までお問い合わせください。

A

申請受付は公的機関になります。窓口をご案内いたしますので、各事業所までお問い合わせください。

このページの先頭へ

高齢者の相談サービス(高齢者相談センター)について

A

高齢者や介護をされているご家族の方の総合相談窓口です。介護の予防に関することから練馬区の高齢者施策全般、介護保険についての相談・申請・苦情の受付窓口です。また、高齢者の虐待防止などの権利擁護を行っています。電話、来所または訪問にて対応させていただきます。

A

決まっています。いずれかの高齢者相談センターにお問い合わせいただければ、担当の高齢者相談センター支所をご案内します。(練馬区ホームページ・高齢者相談センター支所)

A

高齢者相談センターで要支援認定の方のケアプランを担当しております。

このページの先頭へ

ケアプラン作成サービスについて

A

土曜日は、平日と同様に午前9時から午後5時までご相談いただけますが、日曜日と祝祭日は休業となります。

A

ケアプランの作成など介護支援専門員が行うサービスについては費用はかかりません。

このページの先頭へ

その他

A

各事業所にご希望をお伝えください。担当者が対応させていただきます。

このページの先頭へ