新着情報

安全で住みやすい地域づくり 自転車の正しい乗り方や突然の事故やけがを防ぐヒント 

2020.05.20

高齢者の相談サービス 高齢者の相談サービス

高野台地域包括支援センター

安全で住みやすい地域にしましょう。 安全で住みやすい地域にしましょう。

爽やかな初夏の風が吹くこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
散歩やサイクリングが心地良い季節です。
自転車の乗り方や突然の事故やけがを防ぐヒントを、お届け致します。

警視庁は、自転車の正しい乗り方をホームページで案内しています。https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/jikoboshi/bicycle/menu/leaflet.files/ref.pdf
その中に自転車安全利用五則があります。
1)自転車は、車道が原則、歩道は例外 
2)車道は左側を通行 
3)歩道は歩行者優先で、車道より徐行 
 4)  安全ルールを守る
 ・飲酒運転や二人乗りはしない
 ・夜間はライト点灯・交差点での信号遵守と安全確認 
5)子どもはヘルメット着用
                             

  • ライトをつけましょう‼ ライトをつけましょう‼
  • 歩行者に気をつけましょう‼ 歩行者に気をつけましょう‼

交通事総合故分析センターは、事故分析をまとめています。
https://www.itarda.or.jp/contents/170/info97.pdf
平成13~23年の交通事故分析データでは、自転車乗用中の死者・負傷者は、
いずれの交通手段(四輪・二輪・歩行者)に比べ減り幅が小さいと残念な結果になっています。
死亡事故、重傷事故は、頭部、胸部の損傷が多く、
軽傷事故は、腕部・脚部の損傷が多くなっています。
頭部はヘルメット、腕、脚部は手袋やプロテクター、
長そで長ズボンの着用でけがの被害の軽減が期待できます。

  • 自転車点検ポイント 自転車点検ポイント

警視庁の都内自転車の交通事故発生状況の統計によると自転車事故が最も多い時間帯は、午前8時~10時です。

いいかがでしょうか。参考になる情報はありましたか。
高野台地域包括支援センターは、毎月、自転車点検表を用い点検し事故防止に努めています。
一人一人が、自転車点検や正しい乗り方に気を配り安全で住みやすい地域にしましょう。

                                    高野台地域包括支援センター