求人情報

先輩職員の声

特別養護老人ホーム生活相談員津波古 祥平

社員紹介07/津波古 祥平 特別養護老人ホーム生活相談員 地域からも信頼してもらえるソーシャルワーカーになりたいです 社員紹介07/津波古 祥平 特別養護老人ホーム生活相談員 地域からも信頼してもらえるソーシャルワーカーになりたいです

インタビュー

Q1.今までの経歴・志望動機を教えてください。

A.平成20年に大泉特別養護老人ホームの介護士として入職し、平成24年から生活相談員として勤務しています。
私は大学で4年間社会福祉について学び、社会福祉士の資格を取得しました。
卒業後は高齢者施設で生活相談員として働きたいと考えていました。
就職活動をしていく中で、事業団が練馬区内の社会福祉事業を多く担っており、
安定した経営で運営していることや、研修をたくさん行っており、
学べることが多いと思い、魅力を感じました。
生活相談員として、お客様の生活相談を受けるにあたり、
まず介護現場での経験が必要と考え、介護士として入職し、現在にいたっています。
介護現場での経験は、生活相談員として働く現在も多く役立っています。

Q2.事業団に入職してからこれまでを振り返って、
感想をお聞かせください。

A.介護の仕事で一番楽しいことは、
お客様の生活に寄り添いながらお世話をさせていただくことです。
でも介護の仕事をしていて、気持ちの面でショックを感じたのは、お世話をさせていただいていた方がお亡くなりになることです。
一生懸命お世話をさせていただいていた方が、目の前で亡くなるところを見た時は、とてもつらかったです。
しかしご家族の方から、「ここで最期を迎えられて良かったと思っている」というお話を伺った時、その方の人生の最期に寄り添うことが出来て良かったと感じました。

Q3.仕事でのやりがいや、大切にしていることは何ですか?

A.生活相談員になってから、メディアでも話題になっている高齢者の生活課題が目の前にありました。
それらの課題と向き合い、対応していく中で、ソーシャルワーカーとしてのやりがいを感じています。
ソーシャルワーカーとして力が発揮できるよう、日々勉強しています。
でもどんなにその方を救いたいと思っても、自分一人では何も出来ません。仲間と連携をとり、協力体制を構築していくことが大切だと感じています。

Q4.今後の目標を教えてください。

A.生活相談員として働くことが目標でしたので、今後はスキルアップして、地域からも信頼してもらえるソーシャルワーカーになりたいと思っています。

Message

私はこの職場でなりたい自分になれると思っています。
志の高い仲間同士で、一生懸命働ける場所です。困ったり悩んだりした時は、相談できる仲間がいます。キャリアパス制度も確立されており、働き方も様々です。
高齢者の社会福祉現場で働きたい方に、ぜひ練馬区社会福祉事業団をおすすめします。

求人情報に関するお問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ

    03-6758-0140

    受付時間:午前9時~午後5時
    定休日:土・日曜・祝日

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5383-7420

    ご連絡先・お問い合わせ内容などを明記のうえ、
    上記までファクスをお送りください。
    ファクスを確認後、ご連絡いたします。

職員募集一覧を見る