求人情報

先輩職員の声

特別養護老人ホーム生活相談員渡辺 太一

社員紹介07/渡辺 太一 特別養護老人ホーム生活相談員 いろいろな事業のことを学んでいきたい 社員紹介07/渡辺 太一 特別養護老人ホーム生活相談員 いろいろな事業のことを学んでいきたい

インタビュー

Q1.今までの経歴・志望動機を教えてください。

A.福祉系の専門学校を卒業した後、障害者入所施設に生活支援員として就職しました。
その法人では就労支援やグループホームの立ち上げ、通所事業などに携わり6年ほど勤めました。
その後、平成23年に練馬区社会福祉事業団に入職しました。
事業団は多くの事業を行っているので、様々な職種に関わることができると思い志望しました。
そして全体的なマネジメントにも関わりたいという思いがあり、介護職から職種を変更し、
現在生活相談員をしています。

Q2.事業団に入職してからこれまでを振り返って、
感想をお聞かせください。

A.事業団には介護士として入職しました。
富士見台特別養護老人ホームを見学したときに、様々な事業を行っており、職種変更も可能で、
キャリアアップができると思い入職しました。
介護支援専門員の資格を持っていたので、1年後には介護士兼介護支援専門員としてお客様のケアプランを作成しました。

Q3.仕事でのやりがいや、大切にしていることは何ですか?

A.お客様やご家族から「あなたに相談してよかった」というお言葉をいただいたり、入所され、ご本人の状態が良くなり、ご家族からも「本当に救われた」というお言葉をいただいたりした時など、この上なく嬉しく、やりがいを感じます。
大切にしていることは、地域で介護を必要としている方のサポートのために、他の事業所のことなど、自分の持っている情報を橋渡しすることです。また、生活相談員が動かないと始まらないことも多いので、何事にも積極的であるように心掛けています。

Q4.今後の目標を教えてください。

A.練馬区社会福祉事業団は、いろいろな事業を行っているので、特別養護老人ホームに限らず、いろいろな事業を経験することで、視野を広げることができると思っています。
今後は、デイサービスや地域包括支援センターなど、他の事業のことも学んでいきたいと思っています。

Message

練馬区社会福祉事業団は、いろいろな事業を行っていますが、全ての事業所が練馬区内にあるので、通勤のことなどを心配すること無く、チャレンジできることも魅力だと思います。
また、富士見台特別養護老人ホームの生活相談員は1名ですが、同じ法人内の生活相談員と横のつながりがあり、分からないことはすぐ聞ける体制がありますので、安心して仕事をすることができます。
そして法人には「練馬介護人材育成・研修センター」があり、資格取得など、学びを支援してくれる部署があります。研修に参加することを支援してくれる現場の体制もできていますので、安心して入職してください。お待ちしています。

求人情報に関するお問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ

    03-6758-0140

    受付時間:午前9時~午後5時
    定休日:土・日曜・祝日

  • FAXでのお問い合わせ

    03-5383-7420

    ご連絡先・お問い合わせ内容などを明記のうえ、
    上記までファクスをお送りください。
    ファクスを確認後、ご連絡いたします。

職員募集一覧を見る